赤ちゃんのいる部屋の防音に適した窓ガラス

noise_window
騒音は現代社会における大きな問題のひとつです。集合住宅においては住民同士のトラブルの原因となることも多く、とても深刻な問題でもあります。

マンションやアパートの居住環境では、外部から入ってくる騒音とともに、自らが発する騒音が周辺に与える影響も考慮する必要があります。周辺の迷惑にならないよう、自分の家が出す騒音に配慮するという観点からみると、たとえばテレビの音量はいくつまでにするとか、夜何時以降は掃除機をかけないとか洗濯機を回さないなどの自主規制的な配慮によってかなりの部分が解決可能です。しかし自分の課した制限が本当に周囲の迷惑にならないレベルであるのか判断のしようがありませんし、ときには制限を外してしまいたくなることもあるでしょう。周囲に過剰に配慮するあまり、自らに大きなストレスをかけ続けることは、決して健康的な生活であるとはいえません。
そしてもちろん、外部から入ってくる騒音に対しても、どこまでが騒音といえるのかは微妙な問題です。騒音に関して苦情を申し立てることは、ご近所づき合いを考慮した場合かなりの勇気がいるでしょう。多くの人は、限界に達するまで我慢を続けているのではないでしょうか。

そして最後に、テレビや洗濯機のように、スイッチを切れば良いというものだけが騒音の原因ではありません。たとえば赤ん坊の泣き声は、それ自体をどうにかできるものでもないはずです。そしてそれが分かっているからこそ、多くの人はそうした騒音を我慢しています。さらに赤ん坊自体も、音に対して敏感に反応します。つまり騒音があれば情緒を見だしてしまう可能性があるのです。

もしも窓の防音性能を高めることが出来たなら、こうした問題の多くは解決することでしょう。防音窓や二重サッシには、非常に高い防音性能を持つ製品があります。赤ちゃんに快適な空間を提供し、周囲にも迷惑をかけない状況は、窓によって実現できるかもしれないのです。